鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

Eternity ringエタニティリング

ハーフエタニティやエタニティリングの最大の悩み「石落ち」を
究極に克服した「鍛造エタニティ」

鍛造 エタニティリング ハーフエタニティ

〇エタニティリング(ハーフエタニティリング)とは

エタニティリングは、「永遠」という意味をもつ英語の「Eternity」が由来です。ダイヤモンドが一周に入ったリングは、とてもゴージャスな印象になり、非常に眩い輝きを放つことから女性の憧れのリングとも言えるでしょう。また、エタニティリングは日常生活でも使える婚約指輪としても活用できますし、常にダイヤモンドの輝きを楽しめる結婚指輪としても使えます。さらには、結婚指輪の重ね着けのリングとしても映えることから、非常に使い勝手が良いリングです。最近では、ハーフエタニティリングといって、一周ではなく、半周だけダイヤモンドが入ったリングも人気です。ハーフエタティが人気な理由として、手の甲から見たときにはダイヤモンドが全面に入っているので、輝きは全く見劣りしないほか、サイズ直しが出来ることや、ダイヤモンドの数が約半分になるので、値段が抑えられることが挙げられます。

〇エタニティリングの最大の悩み「石落ち」

エタニティリング(ハーフエタニティリング)はダイヤモンドの華やかさ・ゴージャスさにまず目が行きますが、購入後に最も気を付けなければならないのが「石落ち」です。指輪を日常生活の中で使用していくと、ダイヤモンドはリングの変形や爪の破損により落ちてしまうものです。石落ちしたエタニティリングは歯抜け状態になり、とても残念な姿になってしまいます。

鍛造 エタニティリング ハーフエタニティ石落ちした他社製エタニティリング

この「石落ち」を最大限克服したのが、「鍛造エタニティ」です。一般的な鋳造製法(地金を流し込み大量生産する制作方法)で作られたエタニティリングは、非常に変形しやすく、石落ちしやすいため、実際に日常生活で使用するには不向きです。「鍛造エタニティ」は、独自の鍛造で1つ1つ製造することで、エタニティリングに絶対必要であった丈夫さを兼ね備え『変形しづらく、石落ちしにくい』リングを実現しました。

鍛造 エタニティリング ハーフエタニティエタニティリングの耐久性テスト

製造方法がそもそも異なるので、変形・石落ちリスクが大きく違うのは明白ですが、「鍛造エタニティ」と一般的な鋳造のエタニティリングの強度テストを行った結果、約4倍の強度を誇っていることが分かりました。鋳造のエタニティリングは約5~6キロで変形してしまうことから、日常生活で使用するのにはいかに向いてないかが分かるデータです。

もちろん「鍛造エタニティ」においても、どんなことがあっても絶対に石落ちしないということではありませんが、大量生産された鋳造リングとは決定的な違いがあることは、実証されているので、ハーフエタニティなどのエタニティリングを検討される際は、エタニティリングの一番の魅力であるダイヤモンドを落とさせない「鍛造エタニティ」を選ばれることを強くお薦めします。

〇オーダーメイド

「鍛造エタニティ」の魅力として、出来上がった既製品から選ぶのではなく、オーダーメイドで作ることが出来ます。ですので、様々なお客様のこだわりを叶えることが出来ます。例えば、ダイヤモンドの留め方にもレール留め、爪留め、彫留めの3種類あります。同じ大きさのダイヤモンドをセッティングしたとしても、お写真のとおり、留め方によって見え方が大きく異なります。プラチナやゴールドの地金をどれだけ見せたいか、ダイヤモンドの存在感をどれくらい出したいかというお好みによっても変わってきます。また、衣服などに引っ掛かりやすさという違いも出てきます。
その他、ダイヤモンドの大きさ、数、品質など様々なポイントをこだわることが出来ます。ダイヤモンドの品質については、原則Gカラー以上・VSクラス以上のダイヤモンドをセッティングさせて頂きます。上記グレードはエンゲージメントリングのような大きなダイヤモンドにも使用される高い基準になりますので、非常に美しい輝きになります。
また、ダイヤモンド以外にもルビーやサファイヤなどの色石をセットすることもできますし、プラチナやゴールドなどの素材の色を変更することも出来ます。
なお、鍛造エタニティでは厚みを十分にとり、内甲丸が確保できていることも既製品のエタニティリングと大きく異なる点です。内甲丸がしっかりと取れているエタニティリングの希少価値は高く、非常に着け心地が良いことから日常生活で使用するのに適しています。 このようにお客様のお好みを自由自在に決めることができる「鍛造エタニティ」は、「丈夫で石落ちさせない」リングに加えて、世界に一つだけのエタニティリングになります。

  • 鍛造 エタニティリング ハーフエタニティダイヤモンドの留め方の違い
  • 鍛造 エタニティリング ハーフエタニティダイヤモンドの大きさの違い

〇エタニティリングとハーフエタニティのメリット

≪エタニティリング≫
・本来のエタニティリングである「永遠」を象徴する。
・ダイヤモンドモンドが一周に入り、どこから見ても非常にゴージャス。
・手のひら側にもダイヤモンドが入るので、自分にもダイヤモンドが見える。
・リングが回転したとしても、ダイヤモンドが見える。

≪ハーフエタニティ≫
・エタニティリングに比べお値段が抑えられる。
・サイズ直しが可能になる。
・シーンによってリバーシブルに使える。
・手のひら側にはダイヤモンドが入らないので、引っ掛かりがなくなり、日常生活で使いやすい。

鍛造 エタニティリング ハーフエタニティ

〇納期

ハーフエタニティまたはエタニティリングの1本の製作のみでしたら、最短約1か月~2か月で製作が可能です。職人のスケジュールによっても納期が変わってきますので、お急ぎの方は店舗にご連絡下さいませ。
なお、結婚指輪としてエタニティリングをご希望の方には、入籍指輪という弊社独自のサービスもございます。入籍指輪をお試し頂く場合は、全体の納期は約5か月になります。

鍛造 エタニティリング ハーフエタニティ

〇価格(予算)

ダイヤモンドの留め方やダイヤモンドの大きさによっても、お値段は変わってきますが、1本120,000円+TAX~お作りが可能です。鍛造エタニティは1本1本、職人がオーダーメイドかつ鍛造製法で製作致しますが、大量生産された「変形しやすい、石落ちしやすい」鋳造製法のエタニティリングと変わらないお値段でご案内させて頂いております。こちらは、弊社が鍛造リング専門店だからこそ実現できることです。まずは店頭にてダイヤモンドの輝きと鍛造リングの滑らかさ美しさを是非ご覧下さい。

鍛造 エタニティリング ハーフエタニティ