鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・大阪心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

Engagement ring天然タイプⅡaダイヤモンド

全世界で1%しか存在しませんので、ほとんどの宝石店での取り扱いはありません。
正真正銘のピュアダイヤモンドをご紹介します。

天然タイプⅡaダイヤモンドとは

天然ダイヤモンドは炭素原子の結晶ですが、ほとんどのダイヤモンドは主に窒素などの炭素以外の不純物を含んでいます。「タイプ2ダイヤモンド」は、不純物である窒素が一切入っていない希少なピュアダイヤモンドです。『TANZOタイプ2』に使用するダイヤモンドは「タイプ2ダイヤモンド」の中でもII a型(※)というもので、世界中のダイヤモンドのうち約1%しか存在しないため、大変希少でかつ洗練された輝きのダイヤモンドとなっています。

※ダイヤモンドの種類
<タイプ1 (I型)>窒素を含むダイヤモンド
・I a型:窒素原子が集合体を作っているもの。多くの窒素が含まれます。ほとんど(約98%)のダイヤモンドがこれにあたります。
・I b型:窒素原子が単独で存在しているもの。濃い黄色系のダイヤモンド。

<タイプ2 (II型)>窒素を含まないダイヤモンド
・II a型:窒素やホウ素などの不純物を一切含まない。無色のダイヤモンド。希少性が非常に高いタイプです。『TANZOタイプ2』はこちらのダイヤモンドを使用いたします。
・II b型:ホウ素を含む、ファンシーブルーのダイヤモンド。


天然タイプ2a(Ⅱa型)ダイヤモンド※画像の処理など加工は一切しておりません。驚異の透明度、輝きをご覧ください。

炭素原子の結晶であるダイヤモンドですが、ほとんどのダイヤモンドには炭素以外に窒素などの不純物を含まれています。
しかし、そんな天然ダイヤモンドの中でも極々稀に(0.5%~2%位の割合で)窒素をほとんど含まない純粋に炭素原子だけのピュアなダイヤモンドが存在します。
それが【TypeⅡ(タイプ2)ダイヤモンド】(Ⅱ型)です。
そのタイプ2ダイヤモンドのなかでも、窒素だけでなくホウ素も含まないものを【TypeⅡaダイヤモンド】と分類分けしています。このTypeⅡaダイヤモンドは不純物をほとんど含まないため透明に澄んだ美しいダイヤモンドになります。

ダイヤモンドは以下の4つのタイプに分類されています。(TypeⅠ(タイプ1)・TypeII(タイプ2)比較表)

a b
TypeⅠ(タイプ1)
窒素を含むダイヤモンド
I a型
窒素原子が集合体を作っているもの。
多くの窒素が含まれます。
ほとんど(98%)のダイヤモンドがこれにあたります。
I b型
窒素原子が単独で存在しているもの。
濃い黄色系のダイヤモンドを生みます。
TypeII(タイプ2)
窒素を含まないダイヤモンド
II a型
窒素やホウ素などの不純物を一切含まない。
無色のダイヤモンド。
希少性が非常に高いタイプです。
II b型
ホウ素を含む。ファンシーブルーのダイヤモンド。
希少性が非常に高いタイプです。

画像にある2つのダイヤモンドは通常の窒素を含むタイプ1のダイヤモンドですが、2つを比べると、明らかに左が白く濁っていて美しくありません。
ですが鑑定結果はどちらもGカラーです。(クラリティグレードも同じです)
鑑定書の結果だけではダイヤモンドの美しさはわからないということです。
当社ではこのような白く濁ったグレーダイヤモンドは全て除外して販売は一切しておりません。


明らかに左のダイヤモンドの方が白く濁っていて美しく見えないが、鑑定結果はどちらもGカラーのダイヤモンド

天然TypeⅡa(タイプ2・2型)ダイヤモンドは、このようなグレーを含まないピュアなダイヤモンドになります。
そんな奇跡のダイヤモンドを是非ご自身の眼でご確認下さい。
世界でも大変希少なTypeⅡダイヤモンドですが、当社では常時在庫を確保しております。お問い合わせ下さい。