【沖つ白波】

わたの原 漕ぎ出でて見れば 久かたの 雲ゐにまがふ 沖つ白波

詞花集:法性寺入道前関白太政大臣

≪通釈≫
ずっと遠くを眺めてみれば、かなたに雲と見間違うばかりに、沖の白波が立っているなか、いざ大海原に漕ぎ出しました。

≪指輪への想い≫
大海原に繰り出すこれからの二人の人生が右上がりで順風満帆に進むよう願いを込めて。
白波が立ち、キラキラと反射する海をS字と槌目で表現しました。

素材
プラチナ, イエローゴールド
ダイヤなし
分類
コレクション
価格男性用
150,000
価格女性用
150,000

※素材、幅、サイズ、ダイヤの個数、地金重量、追加加工等のデザインによって価格が変わります。
※地金相場の変動に伴い、予告なく価格の改訂をさせて頂くことがございます。
※表記は税抜き価格です。