鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

オーダーメイド結婚指輪の素材ごとの相場(プラチナ)

2019年4月30日指輪

・プラチナの相場はどれぐらいなのか
結婚指輪の素材の中でも、定番でもあり、絶対的な人気を誇っているのがプラチナです。しかし、ゴールド以外の他の素材に比べて相場が高くなっているので、オーダーメイドするときにはどれぐらいの費用が必要になるのかきちんと調べておく必要があります。変色や劣化に強い上に、見た目も美しくきれいなの素材ですが、とても希少な金属なので、値段が高くなるのです。

・希少価値が高い素材
結婚指輪をオーダーメイドする場合、一緒に素材(色)も選ぶのが一般的なのですが、素材によって相場も大きく変わってきます。そんな中でもプラチナは人気も高いのですが、値段も高くなっているのが一般的です。なぜ値段が高いのかというと、希少価値の高い素材だからです。素材というのは希少価値によって相場が大きく変わってくるのですが、結婚指輪の素材の中では、トップクラスの高さを誇っています。

そのため、他の素材で代用する人も多くなっていますが、見た目は普通の金属とあまり変わりないものの、やはりプラチナは光り輝いていて存在感があります。似たような素材では銀やステンレスがあるのですが、銀やステンレスよりもデメリットがあまりないプラチナを選ぶ人が多いのは当然だと言えるでしょう。やはり一生に一度のことなので、自分の好きな素材を用いたいと思うのは当たり前なのです。

・どれぐらいの値段になるのか
結婚指輪の素材にプラチナを選んだ場合、どれぐらいの値段になるのか気になる人も多いでしょう。相場というのは変動しますので、時期によって異なるのですが、オーダーメイドした場合には、ペアで大体20万円から40万円ぐらいになることが多くなっています。

もう少し安い値段で購入できないかと思う人もいるでしょうが、安く購入したいのであれば、既製品を買うのがよいでしょう。但し、既製品でも、ペアで15万円から30万円くらいですので、最近ではオーダーメイドもかなり手頃に選べるようになっております。

・他の金属を混ぜて使う
プラチナは純度100パーセントで結婚指輪を作ることはあまりありません。なぜなら耐久性が高くて錆びる心配もないのですが、柔らかい素材であるため、キズや変形に若干弱いというデメリットがあります。そこで他の金属を5パーセントから10パーセントほど混ぜることにより、強度もあって変形しにくく、キズが付きにくい素材になるのです。

・予算は十分確保しておく
プラチナは金属の中で高いものですが、希少性が高く安定した素材なので、一生身につける結婚指輪の素材として最高の素材と言えるでしょう。オーダーメイドする際には予算をしっかり確保しておく必要があるでしょう。まずはインターネットで大体どれぐらいの価格になるのかを調べておき、多少余裕を持って予算を確保しておけば、後から予算が足りなくなることもありません。