鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

オーダーメイド結婚指輪の作成期間とは

2019年4月28日婚約、結婚

・オーダーメイドすると期間はどれぐらいかかるのか?
結婚指輪をオーダーメイドした場合、どれぐらいの期間が必要になるのか気になる人も多いでしょう。実はどのような注文をするかで大きく納期が変わってくるのです。フルオーダーした場合とセミオーダーした場合でも異なりますので、参考程度であっても納期までに必要な日数などを知っておくのがよいでしょう。

・シンプルなデザインでも1ヵ月から2ヵ月は見ておくべき
既製品なら短期間で手に入るのですが、オーダーメイドするとある程度期間がなければ自分の手元に結婚指輪が来ることはありません。問題なのはどれぐらい納期までに時間がかかるのかという点ですが、どのような注文をするかによっても大きく変わってしまうのです。できる限りシンプルにしておけば、その分納期が短くなるのですが、宝石も付けずに彫刻なども行わない場合であっても、最低1ヵ月から2ヵ月ぐらいは見ておいた方がよいでしょう。

利用した店によっても納期が変わってきますが、シンプルなデザインなら1ヵ月から2ヵ月見ておけば間に合うでしょう。店舗によっては、既製品を購入し、サイズ合わせを行ったり刻印を入れてもらったりすると、納期までに1ヵ月以上かかる事もあります。

・フルオーダーの場合には3ヵ月近くかかることもある
結婚指輪をオーダーメイドしたときに、セミオーダーでシンプルにするのであれば1ヵ月ぐらいでも納品してもらえる店舗もあるでしょう。しかし、人気店でフルオーダーする場合には、3ヵ月、4ヶ月かかる所もあるでしょう。フルオーダーでもどのような注文をするのかよって、当然完成までの期間は異なってしまいます。特に難しいデザインにした場合には、時間がかかると事前に説明してもらえるでしょう。

もし急いでいるのであれば、あまりフルオーダーすることはおすすめできませんが、後で後悔しない満足のできる物が欲しいのであれば、あらかじめ時間に余裕を持って注文することが重要です。また、特急対応をしてもらえる店舗もあるので、早めに相談する事も大切です。

・どのような作業をするとどれぐらいかかるのか知る
結婚指輪を作ってもらう場合、最初の段階で、どのような作業をすると時間がかかるのかを知っておくとよいでしょう。現在ではインターネットでも情報収集が可能なので、自分が思い描いているようなデザインの物をオーダーメイドした場合、完成までどれぐらいの期間がかかったのかを調べておけば、今後の予定が立てやすくなります。調べた時間はあくまで参考程度にしておき、余裕を持って計画を立てましょう。

計画を立てたら、直接店に行って実際どれぐらい時間がかかるのかを聞いてから依頼します。現在ではインターネットでも注文することができますが、近くに店がない場合には仕方がありません。しかし、店まで行くことができるのであれば、やはり直接出向いて店員と話した方が安心できます。余裕を持って計画を立てておけば、多少納期までに時間がかかっても、大幅に予定が狂うことはありません。

まとめ: 余裕を持って計画を立てる
オーダーメイドした結婚指輪が納品されるまでは、比較的長い期間が必要になります。そのため、今後の予定は余裕を持って計画しておくことが大切です。目安はセミオーダーでシンプルなデザインであれば1ヵ月、セミオーダーでも凝ったデザインの場合には2ヵ月、フルオーダーなら3ヵ月から4ヶ月は見ておきましょう。既製品を購入した場合でも、刻印を入れてもらう場合や、サイズ合わせをしてもらう場合には、1ヵ月から2ヵ月はかかると思うべきです。そうすれば安心して計画が立てられるでしょう。