鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・大阪心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

TANZO® Particular世界に誇る鍛造法

悲しいことですが簡単に指輪が変形したり、簡単に石が落ちてしまう指輪が数多く販売されています。
これでは記念の指輪が台無しです。
プラチナや金は非常に貴重な金属ですが、決して硬い金属ではありません。
そんな柔らかいプラチナや金をハンマーで鍛えることで加工硬化を起こし硬く強固にする製法があります。
それが「鍛造(たんぞう)」です。TANZOはお客様が一生安心して身に付けられる指輪をご提供するために、
全てを「鍛造(たんぞう)」で製造しております。

鍛造製法(forging) 結婚指輪はなぜ丈夫?

強度の強い丈夫な結婚指輪を作る鍛造製法とは?

『鍛造法』(たんぞう)という言葉は、聞きなれないと思いますが『鍛造』とは字の通り【鍛えて造る】という意味です。
例えば、ご飯を手で握ると、「おむすび」という固体ができますが、落とすと簡単にバラバラになってしまいます。
しかし臼と杵でつくことによって「餅」という固体になり簡単にはバラバラになりません。説明するまでもなく、「餅」は「おむすび」に比べて空気の隙間がなく強固に結ばれているからです。
金属も同じです。叩いて鍛える事によって余分な空気、ガスが抜けてより丈夫で頑丈強固な強い金属ができあがります。

既製品とオーダーメイド、鋳造(ちゅうぞう)と鍛造(たんぞう)の違いは?

指輪はまず、「鋳造製法か鍛造製法か」に分類されます。

"鋳造製法"は、ワックスと呼ばれる樹脂を削って指輪の原形を作り、鋳型に溶かした地金(金やプラチナ)を流し込んで固めて仕上げる製法です。鍛造に比べると強度は劣りますが、安価に大量生産できるところが強みです。
"鍛造製法"は、地金をハンマーやプレス機で叩いたり伸ばしたり曲げたりしながら仕上げる製法です。鍛えられた金属はとても強く、変形しにくいのですが、加工には高度な技術が必要であるという特徴があります。
次に、指輪の分類は「デザインが既製品であるか、オーダーメイド(もしくはパターンオーダーメイド)であるか」に分けて考えることができます。
ちなみに、パターンオーダーメイド(=セミオーダー)というのは、素材・デザイン・仕上げ・石留の方法が予め数種類用意され、その中から好きな組み合わせを選んで指輪を造ることができるようになっています。既製品とフルオーダーメイドの中間のような作り方になります。

鍛造法 (たんぞう)
地金を叩き上げて形成していく製造法。
《硬く・変形しにくい・高度な技術が必要》
鋳造法 (ちゅうぞう)
鋳型に地金を流し込む製造法。
《“ス”が入りやすい・安価・簡単に作れる》
オーダーメイド
(フルオーダー)
A.鍛造オーダーメイド
TANZO®
お客様のご要望通りに製造
D.鋳造オーダーメイド
オーダーメイド専門販売店の
ほとんど
パターンオーダー
(選択式オーダー)
B.鍛造パターンオーダー
主にドイツ、スイスのメーカー
E.鋳造パターンオーダー
主に国内のメーカー
既製品
(大量生産型)
C.鍛造既製品
ドイツ、スイス、
国内のメーカー
F.鋳造既製品
海外有名ブランドを含めた
ほとんどの指輪
  • A. 鍛造フルオーダーメイド 職人の手によってひとつずつ丁寧に作り上げ、デザインの自由度・強度が非常に高い指輪です。こうしてつくられた指輪は「世界でひとつの指輪」となり、この上なく婚約指輪・結婚指輪にふさわしい製法と言えるでしょう。
  • B. 鍛造パターンオーダーメイド 主にドイツやスイスなどのメーカーによって造られ、こちらも直線的で角張ったデザインが特徴です。パターンオーダーなので、オーダーメイドとは言ってもデザインの幅はある程度制限されますが、強度には信頼が置けます。
  • C. 鍛造既製品 鍛造既製品は、ドイツ、スイス、国内で作られることが多く、鍛造製法では細かいデザインが難しいという性質から、既製品では角張った単調なデザインが多く見られますが、強度は十分です。
  • D. 鋳造フルオーダーメイド 丸みを帯びたデザインが多いのが特徴です。原型を残しておけば後から同じものが作れる、といった鋳造の長所があります。
  • E. 鋳造パターンオーダーメイド 主に国内メーカーに多いのが、鋳造パターンオーダーメイドです。予めパターンが決められているので選びやすい反面、既製品とほとんど変わりはありません。
  • F. 鋳造既製品 ファッションリングや海外の有名ブランドの結婚指輪を含む、多くの指輪がこの方法で造られています。強度や質感の面で劣りますが、製造コストや時間の短縮、大量生産が可能で安価なので、ファッションリングにはぴったりの製造法といえるでしょう。

TANZOでは、この鍛造フルオーダーメイドにこだわって指輪をお作りしています。
機械やプレスを使用しない鍛造法(=自由鍛造)は、職人による熟練の技術が要求されます。
まさに職人技の一点もの。大量生産のように同じ指輪はできません。全てがオリジナルの製品です。
TANZOでは、顧客のあらゆる希望に対応したオーダーメイドの鍛造リングを製作しています。
最初から最後まで自由鍛造による職人の手作業で製造するフルオーダーのリングは、まさに世界に1つだけ。
1本の地金から2本のペアリングを作り出すというのも、結婚するカップルにとって嬉しいこだわりです。
一方、ベーシックデザインを型鍛造で製造し、その後職人がオーダーメイド加工を施して鍛造指輪がつくられる、”TANZO.basic"というコースもございます。
自由鍛造に比べるとデザインの自由度は限られますが、最後の仕上げに職人の技が光るオリジナルリングは思い入れのある指輪になることに間違いございません。
これまで紹介してきたように、製造方法と「既製品かオーダーメイドか」によっても、指輪の性格は変わってきます。
お二人で話し合い、どのような指輪にしたいのか、悔いの無い選択をなさってください。

内甲丸(うちこうまる)のこだわり

TANZOの婚約指輪、結婚指輪はすべて内側の指にあたる部分の角を落とし、滑らかな丸みのある内甲丸仕上げにしております。内甲丸ですと指輪の角が指にあたる事がないため、圧迫感のない、しごこちの良い指輪になります。

鍛造(たんぞう)と鋳造(ちゅうぞう)の強度比較テスト

鍛造指輪と鋳造指輪が潰れるまで荷重をかけ続け、潰れた際の荷重を比較する。
【使用リング】幅:2.8mm 厚さ:1.45mm サイズ:10.5号

なぜ、鍛造法(forging)にこだわるのか?

私達は何故【鍛造法】にこだわるのでしょうか?それは、一生身につける結婚指輪だからこそ、製造者には一生責任があると考えているからです。
一般的な製造法である【鋳造(ちゅうぞう)法】は大量生産できる安価で手軽な製造法ですが、私達はより丈夫で強固な日本の超一流職人による鍛造製法にこだわりました。

それが、【鍛造法】です。

【鍛造法】は地金を圧縮形成して鍛え、密度を高め、加工硬化した真に強い丈夫な指輪を造り上げていく製造法です。
鍛造法は多くの時間と手間、さらには設備と職人技が必要なまさに贅を尽くした製造法です。私達は簡単に変形してしまう地金が薄く軽い指輪、付け心地の悪い指輪を数多く見てきました。
・私達はそんな指輪は絶対に作りたくない。
・一生安心して身に着けて頂ける指輪を造りたい。
製造者責任を深く考えた私たちは、一生に一度の大切な結婚指輪だからこそ、【鍛造オーダーメイド】専門にこだわりました。

そんな奇跡の結婚指輪それが【TANZO】です。

多くの時間と手間、設備と職人技を必要とする鍛造オーダーメイドを月間30作品限定でなんと鋳造既製品並み(またはそれ以下)の価格に抑える事に成功いたしました。そんな奇跡の結婚指輪それが【TANZO. made in japan】です。
※TANZOは日本で初めての『鍛造オーダーメイド・結婚指輪専門ブランド』です。(特許庁登録 第5993603号)

熟練の職人による、一流の技術力

鍛造製作の流れ

一流職人による鍛造フルオーダーメイドの指輪がどうやって出来上がるのか?「鍛造職人」の仕事をお見せいたします。

もっと見る