鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

鍛造製法における折り返しの意味とは

2019年4月21日指輪

傷がつきにくい結婚指輪にするために、鍛造製法が用いられています。
鍛造製法では、「折り返し」という独自の技術を使い、金属を何度もハンマーで叩くことによって徐々に強くしていきます。折り返しは、昔から刀を作るときなどに用いられていた伝統的な技術です。今回は、鍛造製法における折り返しの意味についてご説明します。

折り返しの目的
鍛造製法では、結婚指輪の素材となる金属を強くするために、折り返しという技術を使って何度もハンマーで叩く方法もあります。ハンマーで叩いては金属を折り返し、また叩くということを何度か行います。何度も折り返しを行う目的ですが、金属の中には気泡が含まれており、気泡が多いと結婚指輪がもろくなります。ハンマーで何度も叩くことにより、金属から気泡を抜き出すことができ、丈夫な結婚指輪の素材となる金属が出来上がります。

折り返しのメリットとデメリット
結婚指輪の素材となる金属によっては、一種類以上のいろんな金属が含まれています。たとえば、ホワイトゴールドを作る場合は銀を多く、ピンクゴールドを作る場合は銅を多くするというように、金属の調合量を変えることによって同じゴールドでも違いを出しています。鍛造製法では、何度もハンマーで叩くことによって金属の素材を均等にまぜることができます。折り返しには、結婚指輪の素材となる金属を均一にすることができるというメリットがあります。

現代の鍛造製法について
昔はジュエリー職人がハンマーを使って、結婚指輪を一つ一つ手づくりしていましたが、現在はハンマー機やプレス機などの機械を使って生産されるようになってきています。結婚指輪も鍛造製法の既製品は、機械で大量生産される時代となっています。独特の手づくり感が魅力の鍛造製法で作られた結婚指輪ですが、ジュエリー業界にも機械化が進んでいます。昔ながらの折り返しの技術も、現代的なものへと変わりつつあるようです。

鍛造製法は職人技が織り成す技
鍛造製法では、結婚指輪の素材となる金属を強くするために、「折り返し」という技術が使われています。何度も折り返しながらハンマーで叩くことによって、結婚指輪の素材となる金属の強度が増します。また、さまざまな金属が配合されている結婚指輪を均一なものにするという意味でも、折り返しが行われます。昔は、ジュエリー職人がハンマーを使って折り返しを行い、手づくりの結婚指輪が作られていましたが、現代では鍛造製法の既製品は、ハンマー機やプレス機などを使って大量生産されるようになってきています。