鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

鍛造指輪の素材(イエローゴールド)

2019年7月9日指輪

イエローゴールドは独特の黄色味を持っており、このカラーは日本人の肌の色にフィットしナチュラルなおしゃれを演出できるといわれています。ただそれだけではなく、実は耐久性やカジュアルシーンでも重宝するメリットも持っているのです。またこのタイプの結婚指輪は鋳造と鍛造という2つのタイプの製法によって造られており、特徴が異なります。

・純金よりも硬度が高い特徴を持っている
イエローゴールドは純金よりもさらに硬度が高く、また見た目の色もより黄色味が強い点が大きな特徴となっています。硬度が高い点についてですが、純金に銀や銅といった金属を配合しており、純金に比べて固さがあるとされています。また耐久性もあり、結婚指輪として指に身に着けていても、末永くその形状をキープすることができます。見た目の点でも特徴があり、黄色味が強く、独特のイエローがかった色調はカジュアルな印象を抱かせます。丈夫な上に変色といった見た目の変化が起こりにくい点は、指輪としても最適です。硬度が高く優しい黄色味の見た目を持つこの素材を好む方が多いのも頷けます。

・イエローゴールドの結婚指輪が持つ素敵な魅力とは?
イエローゴールドの指輪は、日常生活の中で身に着ける指輪として好まれており、またカジュアルな印象でどんなファッションにも合わせやすい点が大きな魅力となっています。強度が高く耐久性にも優れている、また変色しにくい特徴を持っています。そのため、生活の中で指輪が受けるダメージに対して強く、毎日身に着けていても不安がありません。また他の金属素材に比べて、カジュアルなファッションにピッタリ合う特徴があります。エレガントで女性らしい雰囲気を演じさせてくれますが、フォーマル過ぎず日常のファッションとの調和も自然に取れるため、どなたでも気軽に身に着けられます。普段指輪を身に着けない方でも、気軽に楽しめるジュエリーといえます。日常生活で気軽に着用できる結婚指輪ですし、またカジュアルファッションの一部としても身に着けた方の魅力をより高めてくれるアイテムです。

・鋳造と鍛造のタイプによる違い
イエローゴールドの指輪といっても、実際には鋳造と鍛造の2種類の製法によって造られており、製造方法と強度の点にはっきりした違いがあります。鋳造タイプは原型を使用して鋳型を造り、鋳型の中に金属を溶かしたものを流し込む製法で造られます。金属が固まったら鋳型を外し、リングになります。出来上がったリングの表面を磨き、また宝石を留まるなどして指輪が完成します。鍛造タイプは金属を曲げたり叩いたりすることで、金属を鍛えて強度を高めていきます。鍛造タイプには2種類の製法があり、伝統的な方法では高い技術を持つ職人が時間をかけて作業を行います。またプレス法もあり、高圧プレス機を使って更に強度の高い指輪を造ることができます。いずれの方法でも鋳造製法に比べ、密度が高く強度が高いリングになります。鋳造と鍛造の2種類の方法の違いがあるため、購入前には違いを理解しておくことで好みのタイプを選択できるようになります。

・鍛造製法で造るメリットとは?
鍛造タイプはじっくりと時間をかけて指輪を造っていきますが、鋳造タイプに比べると、表面硬度が高く変形しにくいメリットがあります。また研磨すると、より一層キラキラと輝きが増します。特にプレス法ではなく伝統的な方法によって造られた指輪は、ハンドメイドならではの温もりが感じられます。表面硬度が高く変形しにくい特徴を持っているため、何十年と長く指にはめていても、形状が変わらず傷がつきにくい点でも安心です。そのため、購入した時の喜びをずっと維持できます。表面がキラキラと輝くため、身に着けた方の指先をより素敵に、またさりげなく演出してくれます。伝統的な製法で造られた結婚指輪はハンドメイドで時間をかけて造られるため、大量生産では感じられない温もりが味わえます。鍛造製法で造られた結婚指輪は、表面強度の高さや高い輝き、温かい温もりなど様々な魅力にあふれています。

・カジュアルに付けられる一品
表面強度が高く独特の黄色味を持つイエローゴールドの結婚指輪は、フォーマル過ぎずカジュアルに身に着けられる素敵なジュエリーです。日本人の肌の色ともフィットするため、ナチュラルなおしゃれができます。そのため年齢を問わず、女性の指先を素敵に演出してくれます。四季を問わず、どんなカジュアルファッションをしていてもうまく調和する特徴も魅力です。耐久性に優れ、表面の輝きが美しいため、結婚指輪として着用しても安心感があります。