鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

鍛造のメリットとは

2019年4月11日結婚準備

鍛造は金属加工方法の一つとして挙げられていますが、その歴史は非常に古く、伝統的で最古の方法と呼ばれています。そんな、歴史ある金属加工方法の一つである鍛造加工ですが、鍛造を選ぶとすると一体どのようなメリットがあるのでしょうか?
金属加工は様々な側面からそのメリットが個々に異なりますが、ここではそんな鍛造加工という方法のメリットについて、一般の方でも分かりやすく理解できるようにご紹介させていただきます。

スタンダードな金属加工法について
まず初めに金属を加工する方法は様々ありますが、スタンダードな加工方法を挙げるとすれば3つ挙げられます。
方法としては、鋳造と呼ばれる方法、削出し機械加工という方法、そして最後は今回ご紹介させていただく鍛造加工の3つの方法です。
結論から言ってしまえば、鍛造という金属加工方法は、先に挙げた鋳造加工、削出し機械加工と比べて、同じもしくはそれ以上のメリットがある加工方法ですので、デメリットが少ないというのが、この鍛造加工のメリットと言って良いでしょう。

鍛造加工のメリット
それでは実際にどのような点が鍛造加工のメリットなのかについて触れてみたいと思います。
まずは、金属加工で重要な部分を占める、強度と靱性についてですが、鋳造加工はあまり強度などが強くなく、削出し機械加工は平均点以上の強度と言えます。
一方の鍛造加工ですが、前の2つに比べて非常に高い強度と靱性を兼ね備えているでしょう。

その理由としては、少し専門的にはなりますが、金属を構成している結晶組織が、その形状に沿った鍛流線と呼ばれる形に形成されることによって、高強度で高靱性の金属製品を作り出すことができるのです。

鍛造加工によるコスト
次に見ていきたいのが、いくらメリットが多くてもその分コストがかかっては何の意味もありませんので、コストについて見ていきましょう。
鍛造加工は、その性質上、金属濃度が他と比べると非常に少なく済む方法ですので、薄肉化や中空構造といった方法が可能となり、材料費や量などが少なくなり、結果としてコストが少なくなるというメリットもあります。
更には薄肉化という部分がこの鍛造加工では可能なことから、メリットであると言えます。