鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

結婚指輪のダイヤが取れることってあるの?

2019年6月22日宝石

一生の思い出として残るもののひとつに結婚指輪があり、それぞれが大切に使用していると思います。
そんな大切な結婚指輪ですが、指輪によってはダイヤが取れてしまうこともありますので、使用する際は注意が必要です。
もちろん指輪のデザインやダイヤの大きさによっても変わってきますので、お手持ちのアイテムを今一度確認してみることをオススメします。

・結婚指輪のダイヤが取れる「素材の問題」
指輪にはダイヤ付きなど様々な種類がありますが、場合によってはダイヤが落ちてしまうこともあるようです。
当然ながら留め方や指輪の形状なども関係してきますが、取れやすさを見極めるポイントに素材があげられます。
気になる方は、一度指輪の素材ごとの取れやすさをチェックしてみることをオススメします。
結婚指輪で人気の素材といえば、やはりプラチナとゴールドではないでしょうか。
プラチナやゴールドは、変形や劣化しやすいシルバーリングと比べて耐久性が高く、かつ加工やデザインしやすい特徴を持っています。
それが人気にも繋がっているようです。
ただ気をつけたい点もあり、それが純度の高いプラチナである「Pt999」や、純度100%のゴールドである「K24」などです。
それらリングは比較的や柔らかい素材でもありますので、場合によっては変形してしまう可能性があるのです。
そのため付けっぱなしなど、長い間使用していると、時にはダイヤが落ちることもあります。
ダイヤの落下が心配な方は、変形や歪みに強い、鍛造製法の結婚指輪を選ぶのもひとつの方法と言えます。

・結婚指輪のダイヤが取れる「爪の問題」
結婚指輪のダイヤが取れる原因として、爪の問題もあげられます。
パッと見、指輪にダイヤがしっかり支えられているように見え、強度の高そうな爪あり加工でも石が落ちてしまうこともあるのです。
爪があったほうが取れにくい感じもしますが、デザインによっては、爪自体がぶつかったり擦れたりする事で石落ちの危険度が高まります。
爪のあるリングは、ダイヤ自体の輝きや立体感などをより楽しめるなどの魅力がある一方で、
デザイン上、飛び出た爪にかかる負担が大きくなり、爪が曲がったりして石落ちが発生する可能性が高くなるのです。
衣服や鞄などに爪が引っかかったり、ダイヤがぶつかったりしやすくなるなどのリスクも高いため取れてしまうことが増えてくるというわけです。
ですので、爪ありのリングを日常的に着用する時は注意が必要です。

・鍛造製法で造った指輪が最適です
結婚指輪のダイヤが取れるのを気にしている人もいるかもしれませんが、そんな方にオススメしたいのが鍛造製法で作った指輪です。
ダイヤの石落ちは、指輪自体が歪んだり曲がったりしてダイヤの留めの部分が緩んで発生します。
鍛造指輪は鋳造製法で作った指輪と比べて耐久性が高いこともあり、リングそのものが変形しづらく、リングからダイヤが取れにくい性質があります。
せっかく購入した指輪は、いつまでも大切に使いたいものです。
このように鍛造製法で作った指輪は、一般的な指輪と比べてメリットが多いのでオススメです。
結婚指輪の選択に迷っている方は、鍛造製法で作った指輪も選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。
鍛造製法のリングならダイヤが取れにくいので、付けっぱなしにしていても安心です。

・鍛造指輪が最適です
結婚指輪には様々な種類があり、その中にはダイヤがついているものもあります。
ただ、指輪によってはダイヤが取れてしまうことがあるようですので、使用する時は注意しておきましょう。
ダイヤが取れるのを気にしている方は、鍛造製法で造った指輪を選んでみてはいかがでしょうか。
鍛造指輪は耐久性に優れ変形や歪みに強いので、安心して使うことができます。