鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

結婚指輪のつけ心地を見極めるポイント

2019年6月22日指輪

・結婚指輪を選ぶにあたって
結婚指輪を選ぶ際、デザインや価格、素材などのほか、つけ心地の良さを求める人も多いのではないでしょうか。結婚指輪は一生身に付けるものです。ですから、価格が安いから、デザインが気に入ったからと言う理由だけで選ぶのではなく、購入前に実際に指につけてみて、つけ心地を確かめることが大切です。

・鍛造製法とは
指輪の作り方として主に、鍛造製法と鋳造製法があります。生涯身に付ける結婚指輪となると、鍛造製法の指輪がおすすめです。鍛造製法とは職人が一つ一つ丁寧に金属を叩きながら、金属を曲げたり伸ばしたりして指輪を作る製法です。金属を叩くことで空気やガスが抜け、金属の密度が高くなるため変形にしくく傷が付きにくい丈夫な金属になります。結婚指輪は一生身に付けるものであり、とても大切なものです。ですから、歪んでしまったり傷がたくさんついてしまうと台無しになってしまいます。生涯身に付ける結婚指輪は、鍛造製法のものをおすすめします。

・鍛造製法で造られた指輪のデザイン
結婚指輪全体、シンプルなデザインに人気がありますが、一つ一つ手作りであるため自分好みのデザインを取り入れることも可能です。指のラインを綺麗に見せてくれるカーブやウエーブ、V字デザインのものや、自分の好きな模様などを取り入れたもの、アクセントとして中央に石をつけたものなど様々です。結婚指輪は生涯身に付けるものだからこだわりたい、世界に一つだけのオリジナリティを出したいと言う人は多いです。どういったデザインがあるのか、どういったデザインにしたいのかを事前に確認しておくことをおすすめします。

・鍛造製法で作られた指輪のつけ心地
鍛造製法で作られた結婚指輪は、質だけでなく、つけ心地も良いです。金属を叩いてつくることで、金属内の空気やガスが抜けて表面が滑らかな感触になります。また内側の形状をやや丸みを持って仕上げた指輪は、指につける時、スッと入ると気持ちが良いです。仕事や家事などで結婚指輪を外すことが多い人は、つけたり外したりする時に関節に閊えるとストレスを感じてしまいます。鍛造製法はクオリティの高さから傷が付きにくく変形しにくいと言うほかに、つけ心地の良さも挙げられます。

・結婚指輪のつけ心地の良さを見極めるポイント
結婚指輪を選ぶ際に重要な要素として、つけ心地の良さが挙げられます。一見一目みただけではつけ心地が良いかどうかはわかりません。つけ心地が良いかどうかを見極めるには、まずは製造方法を知ることです。丈夫で傷のつきにくい鍛造製法で出来た結婚指輪は素材の良さだけではなく、つけ心地の良さも確かです。指に当たる内側の部分が内甲丸仕上げとなっており、角が指に当たらない設計にもなっています。そのため、滑らかで圧迫感が無く、つけ心地がとても良いのです。職人による一流の技術でストレスなくつけられる結婚指輪に仕上がっています。

・仕上がりのよいものを選ぼう
鍛造製法でできた結婚指輪は破損したり歪む恐れが少なく、つけ心地もとても良い仕上がりになっています。どんなものにしたら良いかわからない、デザイン重視で考えていると言う方は、一度鍛造製法について調べてみることをおすすめします。購入の際は鍛造製法であるかを確認する、装着してみてつけ心地を確かめてみるなど、自分の指に合うかどうかを確かめながら決めましょう。一生モノの大切な指輪です。悔いの残らぬよう慎重に検討しましょう。