鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

手紙でプロポーズする場合の効果は?

2019年2月10日プロポーズ

手紙を渡すプロポーズ

プロポーズというのは、たいへん緊張するものです。どうしても口で伝えるのが難しい場合は、手紙を書いて渡すのはいかがでしょう?メールやLINEが主流になっている現代ですが、人柄がにじみ出ている手書きの文字には、手紙ならではの温かみがあります。プロポーズで手紙を渡すメリットとどんな内容の手紙にすればいいかについてご提案します。

手紙を渡すメリット

口ベタの人がプロポーズという緊張している状態で、思ったことをすべて相手に伝えるのは難しいでしょう。手紙であれば、思ったことを余すことなく伝えることができますし、何度も読み返してもらえるメリットがあります。手紙は相手の手元に残りますから、プロポーズが成功した後で良い記念になりそうです。特にしゃべることが苦手で、話すより文章を書くのが得意なタイプの人は、手紙を出すほうが効果的な場合があります。

プロポーズの手紙の内容

プロポーズの手紙の内容ですが、ラブレターを渡すようなものです。綺麗な便箋を使って、丁寧な文章を書きましょう。普段書きなれていないから手紙が苦手とおっしゃる方がいますけど、だからこそ伝わるものがあります。一生懸命手紙を書いてくれたと思えば、受け取った相手の感激もひとしおです。手紙には二人が出会ったときのなれそめなどから書き始め、どれだけ相手のことが好きか、自分の想いを綴ってください。何か二人だけの思い出のエピソードがあれば、相手がそのシーンを思い出せるように書くのが良いでしょう。エピソードだけだとただのラブレターになってしまいますから、最後にプロポーズの言葉を付け加えるのを忘れないようにしてください。

手紙の渡し方

手紙の渡し方ですが、相手の自宅に郵送するのではなく、直接手渡ししましょう。プロポーズの言葉を相手の口から聞きたいと考える人も少なくありませんから、郵送で送るだけだと不満に思われることがありそうです。結婚してほしいとプロポーズした後で、手紙を渡してください。遠距離恋愛の場合なども、手紙を送る方法を思いつきそうですけど、会ったときに渡した方が想いを伝えやすくなります。一生に一度のプロポーズですから、わずかな手間を惜しまないようにしてください。本人に直接渡さず机に入れたり、相手の家に送ったりすると本人が開封しない場合があります。プロポーズ代わりの大事な手紙ですから、確実に相手の手に渡るような方法を選びましょう。

手紙の中に婚約指輪を入れる

プロポーズの演出としては、手紙と一緒に婚約指輪を渡すという方法もあります。手紙の中に忍ばせて読む際に婚約指輪が出てきたらたいていの人は驚きますから、嬉しいサプライズとなるでしょう。但し、指輪を落としたり、傷付かないよう気をつけてください。手紙と共に、リングケースでお渡しするのも素敵です。

手紙の中に婚姻届を添える

手紙の中に婚姻届を添えるというのも、プロポーズの演出のひとつです。婚姻届の自分で記入できるところはすべて記入して、残り半分を相手に書いてもらいます。婚姻届は役所でもらうことができますけど、最近は可愛いデザインの婚姻届も販売されています。プロポーズの返事が確実な相手であれば、婚姻届を添えることでかなりのインパクトがありそうです。

まとめ

どうしても自分の口からプロポーズするのが難しい場合は、手紙を書くのも良いでしょう。手紙なら思っていることをすべて伝えることができます。プロポーズの後で、もっと言いたいことがあったと後悔する場合がありますけど、手紙ならよく考えて最適な内容を書くことができます。手紙を渡す際は、相手に直接手渡しするのがおすすめです。相手が手紙を受け取った瞬間に喜ぶ姿を見ることができるでしょう。