鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

婚約指輪は必要か?

2019年3月29日婚約、結婚

日本ではプロポーズをするときに、男性が女性に婚約指輪を贈るのが定番となっています。最近は二人で婚約指輪を購入するケースも増えていますが、数十万円から数百万円以上かけて買うカップルも少なくありません。そもそも結婚指輪があるのに、婚約指輪は必要なのでしょうか?気になる疑問に答えていきます。

 

婚約指輪の意味とは

 

婚約指輪は結婚したい気持ちを伝えるときに渡すことが多く、結婚を約束した証や結婚への決意の表れという意味合いがあります。プロポーズが成立した後につけるのは、婚約者がいる事のアピールも理由の一つです。

 

通常はプロポーズ後に婚約指輪を着けて、結婚したときに結婚指輪に着けかえるのが一般的となっています。婚約指輪と結婚指輪は別物ですが、装着する部分は左手の薬指で共通しています。プロポーズのときにネックレスやイヤリングなどを渡すケースもありますが、結婚を約束する意味合いでは指輪が一般的です。

 

婚約指輪がないケースもある

 

プロポーズ=婚約指輪がもらえるとは限りません。夫婦のうち約30%は婚約指輪をもらってない統計もあります。婚約指輪がない理由として多いのは、結婚指輪を購入するため、婚約指輪にお金をかける必要がないというものです。男性が指輪をあげないのではなく、女性が要らないというケースが多くなっています。

 

結婚にお金がかかることや、期間が限定されている婚約指輪にお金をたくさん使うなら結婚指輪を豪華にしたい理由などからです。しかし、本心だけで見ると婚約指輪が欲しいと思っている女性は多くいます。現実的に考える一方で、婚約指輪に憧れを持っている女性も多いのです。

 

高い婚約指輪である必要はない

 

婚約指輪が必要ないと思っている人の多くは、お金がかかることをネックに感じています。一昔前までは給料の3か月分の指輪がスタンダードと言われることもありましたが、今は手頃な指輪を買って婚約指輪にするカップルも増えています。婚約指輪のバリエーションも増えており、今は金額よりもオリジナリティやデザインが重視される傾向です。

 

結婚への決意や約束であるため、ないといけない決まりはありません。しかし、婚約指輪を装着していることで結婚を意識することも多く、モチベーションの維持や毎日の活力にもなります。大切な人とつながっていることを意識することにもなるため、金額が安くても、婚約指輪をつけることのメリットは大きいです。

 

婚約指輪と結婚指輪のセットリングもある

 

婚約指輪を買って、結婚指輪に着けかえるのは勿体ないと感じるのは自然です。余分にお金がかかることに懸念して婚約指輪が要らないという人もいますが、婚約指輪と結婚指輪をセットリングとして使うこともできます。セットリングは、婚約指輪と結婚指輪を重ねるため幸福が重なる意味があり縁起にも良いのです。

 

婚約指輪が必要なのか?と感じる場合は、結婚指輪とのセットリングを検討してみるのもよいでしょう。単体でつけるよりも、セットでつけた方がボリュームやバランスも美しく整っていきます。指輪一つ一つに表現される情景やストーリーが重なることで、奥深い意味を持つようになるでしょう。

 

婚約指輪は二人の思い出になる

 

婚約指輪は絶対に必要なものではありませんが、あった方がより良いものです。婚約指輪を着けているだけで結婚への身構えにもなり、幸福感も出てきます。人によってはマリッジブルー対策にもなるでしょう。婚約指輪に高いお金をかける必要はなく、予算に応じて二人が納得する指輪を選ぶことをおすすめします。婚約指輪は結婚した後も、末永く使える指輪ですし、恋人時代の二人の思い出になるでしょう。将来、指輪を見たときに初々しい気持ちを取り戻すきっかけにもなるはずです。