鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

ダイヤモンドのお手入れ方法とは

2019年5月31日宝石

・美しさを維持したい!
婚約指輪の中にはダイヤモンドの付いたものが多くあります。婚約指輪におけるダイヤの存在感というのはとても大きいものです。だからこそ婚約指輪にダイヤモンドが付いている場合には手入れをするように心掛けましょう。ダイヤは高価なものでもあるので、その魅力や美しさを保つために、持っている人の心がけが大きな影響を与えます。

・ダイヤがくすんでしまう理由
ダイヤの婚約指輪を持っている人の中には、購入当初と比較すると年月が経つにつれてダイヤが持つ輝きが感じられなくなり、ダイヤがくすんで見えるようになってしまうケースがあります。ダイヤがくすんでしまうもっとも多い理由が油脂です。人の手から分泌されてしまう皮脂をはじめ、手をケアするために塗ったハンドクリームや女性が使う化粧品などがダイヤに付着してしまうことによってくすんで見えてしまう原因になってしまいます。ダイヤの婚約指輪を持っている人は、この原因に気を付けなければいけません。

・ダイヤのセルフケア
ダイヤの輝きを維持するためには、セルフケアで手入れをしましょう。自分でするダイヤのセルフケアの方法として用意するものは、洗剤と歯ブラシです。この方法を使用した手入れ方法はダイヤの手入れ方法としてはOKですが、熱や水に弱いパールなどの石は状態を悪化させてしまう恐れがあるので、この方法は避けるようにしましょう。ぬるま湯にダイヤのついた指輪をつけて汚れを浮かせます。そして洗剤を歯ブラシに着けてダイヤに傷がつかないようにブラッシングすれば、付着した油脂汚れなどを落とすことができます。洗浄した後は、指輪に傷がつかないように優しく拭きましょう。

・お店に頼む
もしも自分で行うセルフケアの手入れで汚れなどが落ちなかった場合、お店に頼むという確実な方法があります。セルフケアでは落としにくい汚れを落としてもらうことも可能です。気になるダイヤの汚れを落としてもらうだけではなく、爪が緩んでいたりリングのゆがみがあった場合にもメンテナンスをしてもらうことができるので、安心して指輪の手入れを任せることができて安心です。

・身に着けている時も注意
ダイヤの美しさを維持するためには、自分での手入れをする以外にも日常生活の中で気を付けるべき点があります。汚れの原因になってしまう化粧中は指輪をするのは避けて、化粧をし終わってから指輪をはめるようにすると安心です。それに加えて、ダイヤは脂と馴染みやすいという特徴を持っています。食事に含まれる脂がダイヤについてしまうことによって、ダイヤの状態が悪くなってしまうこともあるので食事をするときには指輪に脂などが付着しないように気を付けるのが良いでしょう。

・保管もしっかりしよう
ダイヤの状態を維持するためには、自分で手入れするだけではなく大切に保管することも大切です。使わない期間などが長い時には傷をつかないようにするためにも、保管するジュエリーケースなどを用意しておくと、傷つけてしまう可能性もなくなりますし安全に良い状態で保存することが可能なので、ダイヤの婚約指輪を持った場合には用意しておきましょう。

まとめ: 大切なダイヤを大事にしよう
ダイヤの有無にかかわらず、婚約の際にもらう婚約指輪は2人にとってかけがえのない宝物です。だからこそ宝物を大切に持ち続けるためには婚約指輪の手入れが欠かせません。今回ご紹介した内容を参考に婚約指輪のダイヤの手入れをしていきましょう。そうすることで、ダイヤの持つ魅力を無くさずに持ち続けることができるかもしれません。自分ができる婚約指輪の手入れを始めてみてはいかがでしょうか。