鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

シンプルな結婚指輪を購入する際のポイントとは

2019年3月23日宝石

結婚指輪には、いろいろなデザインがあります。できるだけシンプルなデザインのものにしておいたほうが日常生活の中で使いやすいでしょう。シンプルなデザインの結婚指輪は購入費用も安くすむ傾向があります。しかし、デザインがシンプルすぎて物足りない場合もあるようです。シンプルな結婚指輪を購入する際のポイントについてご説明します。

 

シンプルなデザインにするメリット

結婚指輪を購入する際に、すでに出来上がったデザインから選ぶ場合と、オーダーメイドやセミオーダーで自由にデザインを依頼する方法があります。シンプルなデザインを選ぶ場合は、凝ったデザインよりも加工料金などはかからず、比較的安価に購入することができます。シンプルなデザインの代表と言えるのは、平打ちリングと甲丸リングです。平打ちリングは指輪の断面が長方形になっており、角ばった形をしています。甲丸リングは「かまぼこ型」などと呼ばれていますが、指輪の断面図がかまぼこを切ったような形をしています。平打ちリングはシャープなイメージ、甲丸リングは角が丸くなっているため、やさしいイメージがあります。

 

シンプルなデザインにするデメリット

シンプルなデザインにすれば料金を安くおさえることができますが、結婚指輪のデザインが物足りなかったり、もう少し凝ったデザインにすれば良かった、と思うご意見が聞かれます。後々後悔しないように、自分がどのようなデザインを好むのかをよく考えて購入するようにしましょう。シンプルなデザインの結婚指輪だったとしても、ダイヤモンドや誕生石などの宝石をつけることで満足度が高まります。

 

結婚指輪の素材

結婚指輪に使われている素材ですが、プラチナやゴールド、チタンやシルバーなどがあります。プラチナやゴールドは丈夫な素材でできています。金属アレルギーなどの症状が気になる方にはチタン、価格が安いと言われているのはシルバー素材です。シンプルなデザインにする場合も、シルバー系(銀色)の結婚指輪にするのか、ゴールド系の結婚指輪にするのか、選択が分かれるでしょう。シルバー系の結婚指輪に合う宝石、ゴールド系の結婚指輪に合う宝石があります。宝石をつける場合は、シルバー系のリングとゴールドのリングの両方に合わせて比べてみましょう。

 

宝石を付ける場合

一口にシンプルな結婚指輪と言っても、宝石をつける場合とつけない場合とでデザインが変わってきます。結婚指輪のまわりにぐるりと宝石をつけるとデザインが豪華になりますが、真ん中にひとつだけつける場合は、デザイン的にシンプルです。宝石を大きな爪で支えると、爪が引っかかるおそれがあります。宝石をリングの台座に埋め込めば、周囲との引っかかりを防ぐことができるでしょう。結婚指輪にどんな宝石をつけるかがポイントですが、人気がある宝石はダイヤモンドです。デザイン的にはシンプルでも、ダイヤモンドをつけることで満足度が上がるということです。ダイヤモンド以外だと、誕生石などをつけるのもよいでしょう。

 

長持ちする指輪の選び方が大切

シンプルな結婚指輪を購入するポイントですが、シンプルな中でも、形状や幅など好みのものを選ぶことと、できるだけ丈夫な素材を選ぶことで指輪が長持ちします。宝石をつける場合も、小ぶりな宝石をリングの台座に埋め込むことで引っかかりを防げます。結婚指輪は毎日つけるものであり、長い期間使用することになるため後悔することがないように、どのようなデザインを選べば飽きることなく使い続けることができるかに考えてみてください。