鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

オーダーメイド婚約指輪のデザインを選ぶ際の注意点とは

2019年5月26日宝石

・オーダーメイドで婚約指輪を作るなら
婚約指輪を購入する際には、既に完成された既製品を購入するという方法があります。しかし一生の大切な指輪である事や既製品のデザインでは満足できないという時には、オーダーメイドで一から自分たちだけのデザインの婚約指輪を製作することもできます。オーダーメイドで婚約指輪を製作する際、デザインを決める時に注意することを知っておきましょう。

・理想のイメージを明確にしておこう!
オーダーメイドで婚約指輪を作るとなると、デザインに関してなど、決めることがいろいろとあります。指輪の地金の種類をはじめ、リングの太さや石を付けるかなど一つずつ決めていかなければいけません。そういった細かいポイントを決めることによって、初めて自分たちだけの婚約指輪のデザインが完成します。ふわっとしたイメージだけでは自分たちの理想通りにならないこともあるので、出来ればある程度細かいデザインのポイントを話し合って決めておきましょう。

・完成までのスケジュールを決める
オーダーメイドで婚約指輪を作るとなると、それなりの日数が掛かります。そのため、時間にある程度の余裕を持たせてオーダーをしないと希望する日に間に合わないという事もあります。もしもオーダーメイドでオリジナルのデザインの指輪を作るのであれば、早めにオーダーをして完成させてほしい日にちをはっきりさせておけば、欲しい時に間に合わないというトラブルも防ぐことができて安心です。

・予算を伝える
婚約指輪は安い買い物ではありません。そのうえオーダーメイドで作るとなると、ある程度費用が必要になります。オーダーメイドにより、自分たちでデザインを決めて指輪を作る時には、どれくらいの費用を出せるのは自分の予算を伝えておくと安心です。予算をお店側に伝えておけば、予算内で作れるように配慮してもらうこともできますし予算の中でできるデザインの幅もはっきりするので話もスムーズに進めることができるでしょう。

・指輪を使用するシチュエーション
婚約指輪は人によって使用するシチュエーションが異なります。使用するシチュエーションによっても適したデザインというのがあるため、その使用する人の環境にあったデザインに決めるのが良いでしょう。特別な席などで使用する際には華やかなデザインのものが良いですし、日常生活でも着け続けたい場合は派手過ぎない程度のデザインにしておけば安心です。また最近では結婚指輪と一緒に重ね付けするセットリングもはやっているので、セットリングとして使用したい場合は結婚指輪との調和も考えてデザインを決める必要があります。

まとめ: 後悔しないデザインを選ぼう!
指輪は一度作ってしまえば大きなデザイン変更は難しくなってしまいます。完成品が出来てから後悔をしないためにもオーダーメイドで婚約指輪を購入するならそれなりに計画性を持って行動しましょう。そのためには、指輪のデザインに関する下調べも大切ですし結婚する二人が話し合って指輪に関する細かいことを決めておくのが良いでしょう。安い買い物じゃないからこそ、作って良かったと思える素敵な婚約指輪を作るようにしたいものです。