鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・大阪心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

鍛造法とは

2018年11月5日鍛造製法

鍛造法について理解してから指輪を選ぼう

鍛造法と鋳造法。あまり聞きなれない名称ですが、結婚指輪や婚約指輪など高価なものを購入するときは違いを知っておく方が安心です。
どちらにもメリットがありますので、比較しながら選んでみると良いでしょう。
また、どちらにもデメリットがあります。
こちらも比較しながら判断することが大切です。

鍛造の指輪について

鍛造法とは、素材をハンマーで丁寧に叩きながら伸ばしてつくる方法です。
鍛造法のメリットは、硬くて耐久性に優れているところでしょう。
変形しにくく、強度が非常に強いのも特徴です。傷が付きにくいのも良いところで、良い状態が長持ちします。
また、着けた時にしっかりとした感覚があるのも特徴になります。
結婚指輪や婚約指輪など長く使用するものなどは、時間と共にどうしても劣化しやすくなります。
特に、毎日身に付ける結婚指輪はそうかもしれません。
鍛造法であれば、こういった心配をあまりしなくても大丈夫です。
しかしながら、やはりデメリットもあります。
鍛造の指輪は、手間がかかるためどうしても価格が高めになる傾向があります。
他の製造方法と比べて、鍛造既製品などはデザインが少ないところもデメリットになるでしょう。

鋳造法の指輪について

鍛造法でつくられた指輪のほかに、鋳造法の指輪もあります。
この方法は、鋳型に素材を流し込んでつくっていきます。
指輪の製造方法を比較すると、どちらかというと鋳造法のものの方が多い傾向があります。
理由は、こちらの方が一度に多くの指輪をつくることができることです。
また、価格がお手頃のものが多いこともメリットになります。
多くの場合、サイズを直すこともできますし、修理が可能なところも良いところです。

ブライダルリングの選び方のポイント

鍛造法と鋳造法がありますが、どちらが良いかは人それぞれです。
どちらにも魅力がありますので、比較しながら判断することが必要です。
中には、鍛造の指輪が理想的だけれど、価格や納期で迷っているという方もいるかもしれません。
しっかりと事前にお店と確認しながら決めていきましょう。
鍛造のもの中には、修理ができるものとできないもの、サイズ直しができるものとできないものとがありますので、確認してからオーダーしてみてください。
傾向としては、シンプルなデザインの方がサイズを直しやすいようです。
ブライダルリングを選ぶ時は、予算や納期、お二人の指輪に対する価値観で選ばれるのが良いでしょう。

ブライダルリングは納得できるものを

鍛造法であっても鋳造法であっても、ブライダルリングは本当に気に入ったものを選ぶことをオススメします。
指輪は、ジュエリーの中でも自分の目に触れることが多いものなので、見た時に嬉しい気持ちになるものを選んだ方がハッピーになれます。
予算の関係もあるかと思いますが、特に結婚指輪は妥協しないで選ぶことがオススメです。
名前やメッセージなどを刻むこともできますので、お守りのように大切にできるものを選びましょう。