鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・大阪心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

鍛造指輪の素材(ゴールド)

2019年7月9日指輪

ゴールドのリングは一般的に3つのカラーを持っています。それぞれに個性があり、どんなカジュアルシーンでもおしゃれに演出してくれます。ゴールドタイプの結婚指輪は日常で身に着けるジュエリーとしても最適ですが、その製法は鍛造と鋳造があり、特に鍛造タイプは強度や輝きの点で特に優れているのです。

・実は種類豊富なゴールドリング
指輪の中でもゴールドタイプは安定した人気がありますが、実際にはイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの3種類に分類されます。また強度や耐久性が高い点も特徴的です。純金に銀や銅などを混ぜているため異なったカラーを引き出すことができます。また他の金属を混ぜることによってより強度がアップし、耐久性も高くなります。カラーは異なりますが、どの種類も様々なシーンで活用できる点も特徴として挙げられます。フォーマル過ぎない印象のため、カジュアルファッションにもナチュラルに合わせられます。そのためどんなシーンでもぴったり合うジュエリーを見つけたい時には、ゴールドリングがピッタリです。強度高く耐久性にも優れており、また四季を問わず様々なシーンで活躍する特徴もゴールドリングの魅力です。

・ゴールドの結婚指輪が持つ上質な魅力
ゴールドリングは幾つかのカラーがありますが、どれも上質でエレガントな印象を持っています。それぞれのカラーで個性が違うため、自分自身のイメージに合ったタイプが選びやすい点も魅力となっています。ゴールドのリングの中でもホワイトゴールドは着け心地が軽く、シンプルで繊細な印象を持っています。シンプルなファッションには自然に調和します。イエローゴールドは日本人の肌になじみやすく、さりげなく身に着けられる点が大きな魅力です。さらに若い女子に特に人気の高いピンクゴールドですが、日本人の肌に合いやすく、年齢を問わずエレガントでキュートな女性を演出してくれます。どのカラーでも上品でフェミニンな印象がある点が魅力です。

・実は2種類ある製法の違い
ゴールドの結婚指輪は鋳造と鍛造の2種類の製法によって造られています。鋳造タイプですが、大量生産に向いており、比較的リーズナブルな点がメリットとされています。これに対して鍛造は、金属の密度が高く強度や耐久性の点で優れている点が大きな特徴です。鋳造タイプのゴールドリングを造る過程では、原型を使用して鋳型を造り、溶かして液状になった金属を流し入れて造っていきます。またリングの表面に輝きをもたらすために磨いたり、宝石を装飾してゴールドリングに仕上がります。これに対して鍛造タイプは金属を曲げたり叩いて、金属を鍛えて徐々に固くしていきます。この手間のかかる作業によって、金属の密度が増して強度が高まります。鋳造と鍛造は強度や耐久性の点で大きな違いがあります。この点を理解した上でゴールドの結婚指輪を選択すると、末永く身に着けられる素敵なゴールドリングを購入できます。

・鍛造で造った結婚指輪の魅力について
鍛造によって造られたゴールドの結婚指輪は、変形がしにくく表面が固い特徴を持っています。そのため日々身に着けるジュエリーとして最適です。特に手作業で熟練の職人が造ったものは、金属の密度が高く特に強度が高く、美しい輝きを持っています。鍛造タイプのゴールドリングは、造る際に金属を鍛えていきます。そのため徐々に強度が高くなっていきます。また表面も固くなるため、変形に対して負けない強さを持ちます。毎日身に着けていると、様々な衝撃が加わりますが、そういった衝撃にも負けない強さを鍛造タイプのゴールドリングは持っています。また美しい輝きを放つため、より華やかで高級感が感じられます。身に着けた女性をより美しく演出してくれますし、ファッショナブルで洗練された雰囲気をもたらすことができます。鍛造タイプは強度と輝きで末永く身に着けられる結婚指輪です。

・女性らしさを強調させるアイテム
様々なタイプがある結婚指輪ですが、カジュアルシーンでどんなファッションとの相性が良く、おしゃれで洗練された女性を演出してくれるのがゴールドリングです。それぞれのカラーが持つ印象は個性的で、また似合うカラーも個人によって大きく異なります。また四季を問わずどんなカジュアルファッションでも調和し、ナチュラルさを失いません。鍛造製法によって造られたゴールドのタイプはどの女性にも似合いつつ、おしゃれに見せる魅力を持っています。