鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

鍛造指輪の安心できる保証

2019年6月20日鍛造製法

結婚指輪は、一生身に付けるものです。丈夫で傷つきにくく、デザインや素材等、自分の理想に合った最高のものを求める方が多いでしょう。結婚指輪のデザインや素材にはたくさんの種類のものがあります。中でも鍛造指輪は耐久性が高いために長い間美しい輝きが持続されます。そんな鍛造指輪などについてご紹介していきます。

・結婚指輪の作り方
結婚指輪には様々なデザインや素材などのものがあり、購入者の希望に合わせて作り方も変わります。一見同じようなデザインの結婚指輪でも、作り方が違う場合もあります。指輪の作り方では主に、鍛造製法と鋳造製法があります。特徴は当然異なり、長所や短所、価格ももちろん異なります。

・鍛造製法
鍛造とはその名の通り、金属を鍛えて造ることです。熱で溶かした金属の塊を叩いて、伸ばしたり曲げたりしながら形を整えます。これが伝統的な鍛造製法になります。その他の方法として金属をプレスして圧縮し、丸く切り抜く方法や切削機を使用して指輪を作る方法もあります。

・鋳造製法
鋳造製法とは、ロストワックス法とも呼ばれています。ワックスと言う樹脂で作った鋳型の中にプラチナやゴールドなどの金属を溶かして流し込みます。金属が固まったら鋳型を外し、指輪の出来上がりです。その後、石を付けたり、表面を磨くなどして指輪が完成します。

・鍛造製法の長所と短所
鍛造製法は金属を叩くことやプレスをかけることで強度が高くなり、傷が付きにくく変形しにくいと言う特徴があります。しかし、硬度がある分加工が難しいので、デザイン性が少なく、シンプルなデザインが多くなってしまいます。一つずつ伝統的な手法を用いた手作りであるため、出来上がるまでに時間やコストも掛かってしまいますが、温もりのある美しい仕上がりになります。

・鋳造製法の長所と短所
鋳造製法は型に溶かした金属を流し込むと言う方法で作られます。そのため、同じ指輪を一度に大量に生産することができるので鍛造製法よりも安価で手に入れることができます。また、デザインの自由度も高く、複雑なものでも比較的簡単に作れます。鍛造製法に比べて変形しやすい分、耐久性が弱いので歪んだり傷が付きやすい指輪となります。

・ずっと身に付けておく人には鍛造指輪がおすすめ
普段から結婚指輪を肌身離さず身に付ける人には、デザイン性重視の鋳造製法の指輪よりも質の高い鍛造製法の指輪がおすすめです。何十年と共にする大切で特別な指輪です。特に24時間付けっ放しにする人は出来るだけ綺麗な状態を保ちながら、汚れや傷などを気にすることなく身に付けておきたいと考えるでしょう。歪みや変形の心配をされる方や丈夫な指輪をお考えの方には、鍛造指輪がおすすめです。

・鍛造指輪は安心感を得られる
鍛造製法は強度が高いため傷が付きにくく、変形もしにくいです。結婚指輪購入後に変形してしまう心配が軽減されます。ストレスフリーで結婚指輪を常に身に付けられることは、大きなメリットでもあり、大きな安心感を得られます。

・一生使い続けるものだからこそクオリティの高いものを
結婚指輪は特別な思いを込めた大切なものです。ですから購入の際はこだわりたいものです。何を重視するかは人それぞれですが、歪みや変形の心配があまりないものを望む人は多いでしょう。結婚指輪はクオリティの高いものをおすすめします。