鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

鍛造の指輪の製作期間はどのくらいなの?

2019年4月21日結婚準備

鍛造製法で結婚指輪を作る際にかかる製作期間ですが、機械で作る場合と手づくりの場合とでかかる時間が違ってきます。機械で作る場合は大量生産なので、手づくりする場合に比べて製作にかかる時間を短縮できます。手づくりの鍛造指輪は、ジュエリー職人がハンマーを使って一つ一つ手づくりしていますから、できあがるまでに時間がかかります。機械で作る場合と手づくりの場合に分けて、鍛造の結婚指輪の製作期間についてご説明します。

製作期間を短縮するには?
一般的に、鍛造製法は鋳造製法で指輪を作る場合より、製作期間が長くなると言われています。製作期間を短縮するためには手づくりではなく、ハンマー機やプレス機などの機械で作っているところに頼むことで期間を縮めることができるでしょう。手づくりの鍛造指輪は、独特のあたたかみがあることから人気があります。手づくりの結婚指輪を依頼する場合は、余裕をもった製作期間が必要になります。

手づくりの鍛造指輪
手づくりの鍛造指輪は、「自由鍛造」と呼ばれる方法で作られています。ジュエリー職人は結婚指輪の素材となる金属をバーナーなどで熱しながらやわらかくした後で、ハンマーで丁寧に叩いて金属から空気を抜く作業を行います。金属から空気が抜けたら、注文された結婚指輪の形にしていきます。結婚指輪の形になったらやすりをかけて、表面がなめらかになるまで磨きあげます。結婚指輪の土台ができあがったところで、注文されたデザインどおりに宝石を付けたり、飾りを施すなどの最終的な仕上げを行います。フルオーダーで鍛造の結婚指輪を作る場合は、ジュエリー職人は、ほとんどの作業を自分一人で行うことになるため、かなりの時間がかかると思ったほうがいいかもしれません。

鍛造にかかる製作期間
鍛造製法で結婚指輪を作る場合、何に時間がかかるかですが、依頼する店舗にもよりますし、複雑なデザインで依頼するほどかかる製作時間は長くなります。少なくとも3ヶ月以上は掛かります。基本的に結婚指輪は、結婚式までに間に合わせる必要があります。鍛造の結婚指輪を依頼する場合は時間がかかりますから、余裕を持って注文したほうがよいでしょう。また、事前に店舗に相談する事も大切です。

あらかじめ計画を立てておくことが大切
鍛造で作る際にかかる結婚指輪の製作期間は、一般の鋳造に比べ長い時間が掛かります。また、鍛造でも既製品なのか?オーダーメイドなのか?等でも変わってきますので、
早めに相談する事を心掛けましょう。一般的には、3ヶ月以上は時間がかかるものと考えたほうがよいので、急ぎの場合はその旨を相談して決めていく事が大切です。