鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

金属加工法の鍛造加工と転造加工はどう違うのか

2019年4月21日指輪

結婚指輪を作る際に、鍛造加工以外に転造加工が用いられています。転造加工は「回転鍛造」とも呼ばれ、工具を回転させながら加工する技術です。
棒状の工具で結婚指輪の素材となる金属を挟み、一定の圧力をかけながら回転させることで指輪を作ります。
転造加工には、リングローリング鍛造やクロスロール鍛造などの種類があります。金属加工法による鍛造加工と転造加工の違いについてご説明します。

鍛造加工と転造加工の違い
鍛造加工は、素材となる金属に対しハンマーなどで叩いて強度を出す方法です。転造加工とは、棒状の工具で素材となる金属を挟み込んで、一定の圧力をかけながら回転させることで指輪を形成する方法です。転造加工は冷間鍛造の一種なので指輪を熱する必要がなく、常温で加工できます。さらに、金属の切りくずなども出ないことから、大量の結婚指輪を作る際に用いられている加工方法です。結婚指輪づくりのコストカットになります。

転造加工は冷間鍛造の一種
鍛造加工の多くは、熱を使った「熱間鍛造」や「温間鍛造」の技術が使われていますが、転造加工は常温で行われる「冷間鍛造」に当てはまります。熱間鍛造の加熱温度は1000℃以上の高温となっていますが、温間鍛造の場合は約600℃~900℃まで熱さが下ります。冷間鍛造のデメリットとしては、室温で結婚指輪作りをすることになるため指輪の加工が難しく、できるデザインの形が限られてくることです。複雑な結婚指輪を作りたい場合は、熱間鍛造や温間鍛造の技術を選ばれたほうがよいでしょう。

リングローリング鍛造
リングローリング鍛造とは、鍛造用のロールの間に加熱した金属を入れて、ローラーを回転させることで金属に圧力をかけ、さらに引き伸ばしながら加工する方法です。ハンマー機による鍛造方法とは違って、どちらかといえばプレス機で少しずつ圧力をかける方法に近いでしょう。リングローリング鍛造は一定の力で圧力をかけられるため、結婚指輪の肉厚を均等にするのに優れています。

クロスロール鍛造
クロスロール鍛造とは、上下にあるドラム状の工具が一回転することで、過熱された結婚指輪の素材となる金属が加工されるという方法です。クロスロール鍛造は鍛造時間の短縮になる上に、金属の加工代を節約することができるため、ほかの加工方法よりもコストを安くできるというメリットがあります。

スウェージング加工
スウェージング加工は「ダイス」と呼ばれる工具を回転させて、結婚指輪の素材となる金属を叩きながら伸ばしていく方法のことです。スウェージング加工では、金属を削らずに叩き伸ばすことができるので、鍛造加工で結婚指輪を作る場合に比べて使用する金属の量が少なくすむというメリットがあります。また、加工中の削りカスがほとんど出ないというのも、スウェージング加工のメリットでしょう。

スピニング加工
スピニング加工は、結婚指輪の素材となる金属素材をモーターで回転させながら、加工用のローラーを押しつけて成形する方法です。スピニング機を使用する以外に、ジュエリー職人が手作業で行うスピニング加工の技術を「ヘラ絞り」と呼びます。スピニング加工は、高度な転造加工技術のひとつとして知られています。

鍛造加工と転造加工の違い
鍛造加工は、ハンマー機やプレス機などを使って結婚指輪の素材となる金属を加工していきますが、転造加工では回転する工具を使うことで加工します。転造加工は冷間鍛造の一種ですが、リングローリング鍛造やクロスロール鍛造、スウェージング加工やスピニング加工といった種類があります。転造加工には、鍛造加工よりコストがかからないというメリットがあります。結婚指輪のような小さなものを低コストで大量生産するのに向いています。