鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・大阪心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

結婚指輪は家事で変形してしまうの?

2019年6月22日鍛造製法

結婚指輪を肌身離さず、ずっとつけっぱなしにしている人も多いと思います。
ただ、指輪も他のアクセサリー類と同じように消耗品ですので、つけっぱなしにしているとキズがついたり変形したりすることがあります。
そのため使用する時は気をつけてください。
ここでは結婚指輪がキズついたり変形したりする理由と、キズつきにくいオススメの指輪を紹介します。

・日常的な家事
結婚指輪がキズついたり変形したりする原因のひとつに、日常的な家事があげられます。
指輪をつけっぱなしにしている人の中には、リングをつけたまま家事をしている人も多いのではないでしょうか。
家事には様々なものがありますが、例えば、食事の用意をする時に使用する食器などにも注意が必要です。
食器などの硬いものに当たると、リングがキズついたりする可能性があります。
また、食事の片付けにも気をつけなればいけません。
洗い物などの後片づけなどをする際、特に女性はキッチンに立つ機会が多く、その時に食器が結婚指輪に当たってしまうこともあるのです。
食器やフライパン、鍋などの洗い物をするときはどうしても指輪と接触する機会が増え、何かのはずみで指輪がキズついてしまうことがあります。
できるだけキズをつけないようにするには、洗い物をする際は結婚指輪を外したり、ゴム手袋をしたりするなどの対策が求められます。

・力仕事
結婚指輪がキズついたり変形したりする理由として、この力仕事もあります。
日常生活での力仕事や、職場で仕事をしている時にキズがついたり変形したりする可能性があるのです。
例えば、重い荷物などを持ち上げたりする時や、握力を使ったりする力仕事などをするときも注意が必要です。
何かしらの物を持つ際に思わず手を握りしめたりすると、結婚指輪にキズがついたりする原因になります。
特に硬い物を取りに扱う際は気をつける必要があり、ひどい場合はキズだけでなく、指輪そのものが変形してしまうこともあります。
柔らかい素材で作った指輪をしている時や仕事をする時は、手元に注意しながら行ってください。

・スポーツ
スポーツをする時も注意を払う必要があります。
スポーツには様々なものがありますが、どのスポーツも同じです。
「スポーツをするだけで指輪に傷ついたり変形したりするの?」と思いがちですが、スポーツが原因でキズつくことも珍しくありません。
全てのスポーツが対象ですが、特に道具を使うものはキズがつきやすいので注意が必要です。
ちょっとしたことで、キズがついたり変形したりすることがあるのです。

・仕事や家事によるキズや変形が気になる方は鍛造指輪を
仕事や家事で結婚指輪が傷付くことがありますが、そんな時は鍛造製法で作った指輪がオススメです。
というのも、鍛造製法で作った指輪は耐久性に優れており、キズがついたり変形したりしにくい性質があるからです。
ずっとつけ続ける指輪ですので、家事や仕事などでキズや変形してしまうのは避けたいものです。
鍛造製法で造った指輪であれば、仕事や家事をしてもキズつきにくく、変形するのも防ぐことができます。
結婚指輪には鋳造製法のものと鍛造製法のものがあり、一般的な鋳造製法のものより耐久性に優れているのです。
このようにメリットが多く、安心して仕事や家事をすることが可能です。
これから結婚指輪を購入する方は、ぜひ鍛造製法で作った指輪をオススメします。

・耐久性に優れた鍛造指輪
結婚指輪をつけっぱなしにしている人もいますが、その場合、家事や仕事、スポーツなどでキズついたり変形したりすることがあります。
そのため、家事や仕事などする時は注意しておきましょう。
指輪のキズや変形が気になる方は、耐久性に優れた鍛造指輪をオススメします。