鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・大阪心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

結婚指輪のカラー(素材)の選び方

2019年2月10日婚約、結婚

色の種類が豊富になっている結婚指輪

結婚指輪と言うと、ゴールドやプラチナを思い浮かべませんか?ゴールドの中には、イエローやピンクを始め最近では様々な色のゴールドも取り揃えているショップもあります。

銀色系

一番定番なカラーは銀色の指輪です。その中でもプラチナが主流で、日本ではほとんどの人がプラチナで結婚指輪を持っています。ゴールドにもホワイトゴールドがあります。プラチナに比べ若干の色味の違いはあります。外国のメーカーなどはこのホワイトゴールドを取り扱っているショップも多くあります。

イエロー系

18金のイエローゴールドは純金に一番近い色味です。純金は24金ですが、基本的18金のイエローゴールドの指輪は75%の純金に銀と銅が混ぜられています。24金では柔らかすぎて指輪には不向きな素材ですので、強度を増すために割り金されています。若干ショップによって違いがありますが、基本的に純金に近い色味になります。イエローゴールドは昔から定着しており、プラチナに比べおしゃれ感がある色です。

ピンク系

ピンクゴールドは、ほんのりとピンクに色づいている可愛らしいリングです。女性に人気の高い色です。18金のピンクゴールドは、イエローゴールドに比べ銅の比率を高くしてピンク系の色合いを出しています。またイエローに比べピンクゴールドはひび割れが起きやすいという特徴があるようです。

その他の色

イエロー、ピンク、ホワイト以外にも、最近ではシャンパンゴールドやコーラルゴールドなど多彩なカラーゴールドも用意してあるショップもあります。プラチナのシンプルで落ち着きのある色もいいけどちょっと個性を出したい。イエローやピンクゴールドの色だとちょっと派手さが気になる。そのような方には、その中間的な色合いのカラーがシャンパンゴールドやコーラルゴールドです。実際に店舗で指輪に着けて見て、確認する事が大切です。

まとめ

結婚指輪の色を選ぶには、普段使いし易く冠婚葬祭などにも安心して使える銀色系のプラチナやホワイトゴールドか?おしゃれ感を重視したイエローゴールドやピンクゴールドか?またはその中間色のシャンパンゴールドやコーラルゴールドか?画像や写真で見るだけでなく、自分の指に着けてみながら決める事が重要です。