鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・大阪心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

結婚指輪のエタニティの解説とメリット

2019年3月14日婚約、結婚

エタニティリングの意味

もともとエタニティリングは、結婚記念日などに夫から妻へ贈られるのが一般的だったようです。
宝石がリングを取り囲むデザインに人気が出たことから、結婚指輪や婚約指輪に採用されるようになりました。エタニティリングをオーダーメイドで依頼する際のポイントについてご説明します。

エタニティの特徴

エタニティとは、リングの周囲をぐるりと宝石が取り囲んでいるデザインです。とぎれなく宝石が並んでいることで、「永遠の愛の象徴」という意味がこめられていると言います。
とぎれなく宝石が並んでいるデザインを「フルエタニティ」、半分だけ宝石がついているデザインを「ハーフエタニティ」と呼びます。フルエタニティはぐるりと宝石がついているから向きが関係ありませんが、ハーフエタニティの場合は宝石がついた正面と宝石のない裏面とで向きが決まってきます。
フルエタニティとハーフエタニティとでどちらを選んだほうがいいのか、価格やそれぞれのメリットデメリットを確認して決めましょう。

エタニティのメリット

宝石がたくさんついたデザインなので、見た目がとても華やかです。
キラキラと輝く小粒のダイヤがたくさんついたエタニティを見て、結婚指輪のオーダーメイドを決める花嫁さんは少なくありません。シンプルなリングだけのデザインに比べると、エタニティリングは豪華な印象を受けるでしょう。オーダーメイドで宝石の種類とデザインを指定することができます。小粒のダイヤを並べるのも素敵ですけど、色とりどりの誕生石を選ぶ方もいらっしゃるようです。

エタニティのデメリット

エタニティリングは一粒一粒の宝石の大きさが決まっているため、サイズ直しが難しいというデメリットがあります。
サイズ直しが必要になりそうな場合は、半分だけ宝石をつけたハーフエタニティのほうが便利です。
結婚指輪の表側に宝石をつけるようにして、手の平側にリングが来るようにデザインすることで、サイズ直しができるようになります。
エタニティリングは宝石が取れやすいという欠点がありますから、オーダーメイドで依頼する場合は、石落ちしにくいデザインを選びましょう。
また、指輪の変形によって石落ちします。耐久性のある鍛造製法の指輪でのオーダーメイドをお勧めします。

エタニティの価格

リング全体に宝石をつけたデザインのフルエタニティ、半分だけ宝石がついているハーフエタニティでは、価格が違ってきます。
ハーフエタニティに必要な宝石は半分だけなので、フルエタニティよりリーズナブルです。フルエタニティがご予算を出てしまう場合は、ハーフエタニティにして宝石の数を減らすとよいでしょう。

エタニティの手入れ方法

エタニティには宝石がたくさんついていることから、宝石の間にゴミが詰まりやすくなるようです。購入したばかりの間はキレイですけど、しばらくすると結婚指輪の汚れが気になってくるかもしれません。
自分で手入れをするのは難しいため、ジュエリーショップのクリーニングに依頼する必要があるでしょう。

エタニティの指輪を気に入る方は多いです

ジュエリーショップでエタニティの結婚指輪を見て、一目ぼれでデザインを決める花嫁さんは少なくないようです。
オーダーメイドで依頼すると、宝石の種類やリングにつける数を自由に決めることができます。リングの周辺を宝石で取り囲んだフルエタニティとハーフエタニティを選ぶことができます。
ハーフエタニティのほうが、使われている宝石の数が少ない分だけ価格が安くなりますし、あとからサイズ直しをすることも可能です。