鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

削りだしによる鍛造指輪の特徴

2019年4月11日指輪

指輪には鍛造方法と鋳造方法という作り方があります。
そして、鍛造方法の中でも更に作り方が異なります。
今回、ここではそんな鍛造方法の中でも削りだしという方法についての作り方や、特徴についてみなさんご紹介させていただきます。鍛造方法と一括りにされてしまうことが多いのですが、更に細かくすれば削りだしなどという方法も存在しますし、その方法によって、特徴が全く異なります。

鍛造法とは
鍛造方法とは、その名前の通り、金属を鍛えて造るという意味です。
金属を鍛えるということは叩いたり、伸ばしたり、曲げたりととにかく金属に圧をかけて鍛える方法を指します。
そんな金属を鍛えて造る鍛造方法ですが、鍛造方法の中で削りだしという加工方法について今回は着目します。

削りだしと呼ばれる鍛造方法ですが、まずその加工方法についてご説明させていただきます。削りだし方法ではまず、プレス機と呼ばれる機械を使用します。
このプレス機は、金属に圧力をかけて金属を圧縮していきます。
その圧縮した金属を切削機と呼ばれる機械で削っていくわけですが、この削っていく作業のことから削りだし方法と呼ばれているのです。
この削りだし方法は、結婚指輪を作る為だけではなく、今では自動車などの大型機械を支える部品などにも応用されて使われています。

削りだしのメリット
そんな削りだし方法ですが、長所と呼ばれるメリットは何かあるのでしょうか?
鍛造方法は冒頭にお伝えした通り、金属を鍛えて造るという方法ですので、この削りだし方法もその点についてメリットがあります。
プレス機で金属に圧をかけることで金属が鍛えられ、引き締まります。
このことを金属の加工硬化と呼びますが、加工硬化することで金属内の密度が濃くなり、結果として丈夫で耐久性の高い結婚指輪が完成するのです。
従って、この丈夫で耐久性の高い結婚指輪というのは削りだし方法の特徴と言えます。

削りだし方法は、金属の加工硬化により丈夫さや耐久性の高い指輪ですが、加工硬化は丈夫さや耐久性という部分だけが特徴ではありません。
加工硬化は金属が更に強化されるので、結婚指輪でよくある、使っているうちに変形してしまったという現象がありません。

結婚指輪などは24時間、常に身に付けているという人も少なくないですが、常に身に付けているということは、その分、傷付いたり、変形したりということも起こりやすい状況にあるということで、削りだし方法ではない方法で作られた結婚指輪はどうしても金属密度が低く、変形してしまうことがあるのです。

削りだしは金属濃度が他の方法よりも高い為、変形なども少ないですし傷に強いのでこのような点は削りだしの特徴と言えます。

この他に加工硬化は金属表面の高度も高まります。
これは実際に身に付けたときの重量感に繋がり、より結婚指輪が持っている本来の輝きを増してくれます。もちろんこの輝きは、作り立ての時だけではありません。
身に付けている度にどうしても指輪の輝きは失われていきますが、表面硬度が高い為、研磨した際にまた輝きが戻ってきますので、長い間、結婚指輪の美しさを保てるという点もこの鍛造方法の削りだしという方法のメリットの一つと言えるでしょう。

鍛造方法の削りだし加工で作る結婚指輪にはどんな特徴があるの?
鍛造方法は結婚指輪を加工する方法の一つです。そして、鍛造方法の中には削りだしと呼ばれる方法があります。この削りだしはプレス機で金属に圧力をかけて、切削機と呼ばれる機械で金属を削る方法で、様々な特徴があります。削りだし方法で作った指輪では丈夫さや耐久性という部分が特徴としてありますが、金属硬化と呼ばれる化学反応により表面の美しさなども綺麗に仕上がります。