鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・梅田・心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

一生身につける結婚指輪の選び方

2019年6月22日婚約、結婚

「結婚指輪はいつまでも長く使用したい」、と願うカップルも多いのではないでしょうか。
指輪の種類や使い方にもよりますが、上手に選んだり使ったりすることで、より長く使い続けることができます。
ここでは一生身につける結婚指輪の選び方や、そのためのオススメな指輪を紹介したいと思います。
これから指輪を購入予定の方はぜひ参考にしてみてください。

・デザインで結婚指輪を選ぶ
ひとつ目の方法は、デザインで指輪を選ぶ方法です。
結婚指輪には様々な種類がありますので、指輪選びに慣れていないと選択に迷う人も出てくるでしょう。
そのため時間や手間がかかることになります。
そんな方にオススメしたいのが、デザインで選ぶ方法です。
指輪は長くつけるものですので、デザインからの考察も必要と言えます。
そのためには、結婚指輪にはどのようなデザインがあるのかを確認しておくことも大切です。
まずはシンプル(ストレート)で、シンプルなデザインは幅広い層の人たちから人気がありますので、たとえ年を重ねても飽きにくい性質があります。
そのため、できたるだけ長く使いたい方にも最適と言えます。
次はウェーブのもので、Sラインの緩やかなカーブのデザインが、男女、それぞれから高く支持されているのです。
緩やかなカーブのデザインは、男女、それぞれの指のシルエットをキレイに見せてくれる効果があります。

・品質で結婚指輪を選ぶ方法
一生身につける結婚指輪の選び方としては、品質で選ぶ方法もオススメです。
品質と言っても様々な観点がありますが、素材、ダイヤモンド、製造方法などが挙げられます。
ブランドやデザインなどで選ぶのもひとつの方法ですが、将来的に長く身につけられる結婚指輪を探している方は、クオリティ性に優れたものを選ぶことも大切です。
そのためには、どのような結婚指輪が品質性に優れているのかを見ておくことが大切です。
まずは素材ですが、最近の結婚指輪は、チタンやステンレス、パラジウムなど強度や安さを重視して色々な素材のものがあります。
ですが、やはりジュエリーと言えばプラチナとゴールドです。劣化しにくく尚且つ美しい指輪として安心して使える高品質の素材です。
次に、結婚指輪にも程よい大きさのダイヤモンドを入れるデザインが人気ですが、ダイヤモンドにも品質の良し悪しがあります。
結婚指輪に入れる位の大きさのダイヤは、鑑定書などはありません。ですので各店舗でどのレベルの品質なのかしっかりと確認しましょう。
品質の高いダイヤモンドを使っている店舗ならば、どのレベルのダイヤなのか説明してもらえます。
その次の品質は製造方法の違いです。一般的な結婚指輪の製造法は鋳造製法です。ほとんどの指輪はこの製法で、一度に大量生産できるので指輪です。
しかし、もう一つの製造法が鍛造製法と呼ばれる製法です。一つ一つ地金を鍛えて造り上げるので、鋳造よりも数倍の強度があり、何十年も使い続ける結婚指輪にはこの鍛造製法の指輪で造ることをおすすめします。

・鍛造製法で造った指輪を選んでみてはいかがでしょうか
一生身につける結婚指輪の選び方は様々ですが、鍛造製法で造った指輪がオススメです。
結婚指輪には鋳造製法で作ったものと鍛造製法で作ったものがあり、
そのうち鍛造製法で作ったものは、熟練した職人たちがひとつひとつを手作りで作っていることもあって、鋳造製法の指輪より耐久性に優れています。
これからずっとつけたい方にオススメの指輪と言えます。
鍛造製法で造った指輪は幅広い層から人気があり、多くの人たちが利用しています。
ずっとつけ続けるなら、やはり鍛造指輪をオススメします。
いつも付けっぱなしにしても傷つきなくいので、家事をしている時や仕事をしている時でも大丈夫です。

・鍛造指輪が人気です
結婚指輪の種類が多いのでその選択に迷う人がいると思いますが、そんな方にオススメしたいのが鍛造製法の指輪です。
鍛造指輪はベテランの職人たちがひとつひとつ丁寧に作っており、硬度や耐久性に優れているのが特徴と言えます。
いつまでもつけ続けられる一生ものの指輪として、人気があります。