鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・大阪心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

プロポーズを男性が決意するきっかけとは?

2019年1月7日プロポーズ

男性がプロポーズするきっかけ

女性が結婚を夢見ていたとしても、男性がなかなかプロポーズしてくれない場合があります。男性にもプロポーズに対する考えがあり、何かしらのきっかけで結婚を考えることになります。男性が結婚を決意するきっかけとは何でしょうか?どんなときにプロポーズするのか考えてみましょう。

転勤が決まったとき

男性が転勤するとき、付き合っている女性と離れ離れになる可能性があります。男性の選択としては、そのまま付き合いを続けて遠距離恋愛をするか、彼女についてきてもらうかです。転勤先についてきてもらいたいのであれば、彼女が仕事を辞めなければいけないケースも出てきます。そうなれば、プロポーズする必要が出てくるでしょう。転勤がプロポーズをするきっかけとなることがありそうです。

昇進したとき

結婚するには、ある程度の経済力がないと彼女を養っていくことができません。お給料が少なければ、結婚できないこともあるでしょう。経済力がないために、彼女の両親に結婚を許してもらえない場合もあります。仕事で昇進してお給料が増えたときに、結婚を考える男性は少なくありません。昇進以外では、転職したときなどもプロポーズのきっかけとなることがあるようです。転職に成功してお給料が増えた場合なども、男性が彼女との結婚を考えるきっかけになります。

同棲したとき

男女が一緒に暮らし始めるということは、結婚する場合と状況が似てきます。お互いの親に挨拶に行く際に、「同棲するなら結婚を前提に」などという話が出ることもあるでしょう。同棲を許してもらえず、親への挨拶が結婚のきっかけになることもあるようです。同棲する場合は、付き合っている相手と結婚する覚悟が必要になるでしょう。

友人の結婚式に出席したとき

友人の結婚式に出席すると、結婚のイメージが身近になってきます。「おまえも結婚しろよ」と、友人に結婚をすすめられることもあるでしょう。仲の良い友人が結婚して遊ぶ相手が少なくなれば、「そろそろ俺も結婚かな」と結婚を意識するきっかけになったりします。友人に既婚者が増えたときが、結婚を考えるタイミングでしょう。

子供ができたとき

彼女が妊娠したときも、結婚のきっかけとなるようです。子供ができた場合は、どちらかだけの都合によるものではなく、二人とも関係してきます。男性も自分が父親になると思えば、子供を持つ自覚や責任感が芽生え始めるかもしれません。妊娠・出産すると女性は働けなくなりますから、男性が養うことになります。出産予定は決まってますので、プロポーズを急ぐ必要があるでしょう。

女性も決断

男性にプロポーズされたら、女性は結婚に対して返事をしなければなりません。プロポーズするのも勇気がいりますけど、女性の側も仕事を辞めるなど、結婚で人生が大きく変わりますから覚悟が必要です。付き合っている男性と結婚するという前向きな決断ばかりでなく、タイミングによってはプロポーズを断るという後ろ向きの決断をしなければいけなくなる場合もあるかもしれません。結婚するタイミングは人によりますから、事前によく話し合っておいたほうがよいでしょう。男性側の都合ばかりでなく、女性側のタイミングについても考えることが大切です。

まとめ

男性が結婚を決意するきっかけには、転勤が決まったときや昇進したときなどがあります。彼女との結婚を考えている男性であれば、何かのきっかけでプロポーズしそうです。お互いの結婚のタイミングが合わず、女性が男性のプロポーズを断ることもありそうですから、女性側にも男性のタイミングに合わせる覚悟が必要になります。特に子供ができた場合は、双方に考える時間的な余裕があまりなく、早急に答えを出さなければならないでしょう。