鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイドブランドは東京・大阪心斎橋・横浜みなとみらいのTANZO/ 鍛造フルオーダー結婚指輪は鍛造指輪(株)

オーダーメイド婚約指輪のデザインでメレーを選ぶポイント

2019年5月13日宝石

・自分たちだけの婚約指輪を作るなら
婚約指輪を作るとなった場合、オーダーメイドで作成するか?既に決められたデザインのものを選ぶか?購入する人によって違いがでます。オーダーメイドで婚約指輪を作るとなった場合は、デザインを決めるところから進めていくことになるので婚約指輪の基礎知識は予め身に着けておいた方がいざ婚約指輪をオーダーメイドで作るとなっても安心です。

・人気のデザイン「メレー」
オーダーメイドで婚約指輪を作る人たちの中で人気のデザインの1つに挙がるのがメレーというデザインです。メレーを入れるデザインは、センターダイヤの横に小さめのダイヤを配置することによって、センターのダイヤをより目立たせてくれるデザインです。メレーはフランス語で小粒石という意味合いがあり、サイドストーンとして使用する小粒のダイヤはメレーダイヤとも呼ばれています。

・自分好みのデザインにできる!
オーダーメイドでメレーを選択する最も魅力的なポイントが、自分好みのデザインにしやすいという点です。センターダイヤを置いて、サイドストーンを配置する位置を工夫してみたり、サイドストーンの数を自分好みに調整すれば、自分だけの特別な婚約指輪を手に入れることができます。シンプルなデザインに物足りなさを感じたり、自分だけのオーダーメイドを作りたいのであれば、デザインをメレータイプにすれば満足いく仕上がりにすることができるでしょう。

・メレーの定番デザインの魅力
人気のメレーの定番デザインといえば、大きめのセンターダイヤの両脇に1つずつサイドストーンを置くデザインです。比較的シンプルなデザインではありますが、両脇に小粒のダイヤを置くことによってセンターのダイヤの存在感が増すので1粒ダイヤのデザインよりもより華やかさがアップします。ダイヤが飛び出ないようなデザインにすれば、石が日常生活の中で引っかかったり、石落ちのリスクも軽減しますので、石が複数ついていても普段使いすることもできます。

・婚約指輪を重ね付けする場合
婚約指輪の使い方として、結婚指輪と重ね付けして着けるという方法があります。もしもこの方法で婚約指輪を着けようと考えているのであれば、オーダーメイドで婚約指輪を作る際には結婚指輪との相性を考えながら選ぶのが重要です。そうすることで、重ね付けを楽しむことができて、婚約指輪と結婚指輪の両方を日ごろから活用することができるようになります。どんなシーンでつけるのか考えた上でつくりましょう。

・日常使いする際の注意点
メレーを指輪のデザインとして選択した場合、隙間や空間ができやすいという特徴もあります。そのためその隙間に知らず知らずのうちに汚れが溜まっていってることもあります。その汚れをそのままにすると、ダイヤモンドが綺麗に輝かなかったり指輪を傷めてしまう原因にもなってしまうので気を付けましょう。メレーリングを婚約指輪として選んだ際には、定期的にストーンとストーンの隙間を掃除して指輪が傷まないようにメンテナンスをしてあげると安心です。もしも自分では掃除が難しいと感じる複雑なデザインの時には、ジュエリーショップにクリーニングを任せると確実です。

まとめ:
複数のストーンを着けることによって各段に華やかさがアップするのがメレーの特徴です。シンプル過ぎない華やかさを婚約指輪に求めるのであれば、オーダーメイドをする際にはメレーがデザインとしてぴったりです。せっかくオーダーメイドでつくるのであれば、自分好みの大きさのメレーを選択し、石の数や配置などにもこだわりを出せばより自分だけの素敵な婚約指輪を手に入れることができるでしょう。婚約指輪を購入する際にはじっくりどんなメレーリングにするか他の人の作ったリングなども参考にしながら考えてみてはいかがでしょうか。